« 丹波・愛宕神社~七谷川花見散策 | Main

小塩山・カタクリの花

2018年(平成30年)4月12日(木)晴れ 18℃ 57% 小塩山・カタクリの花

 小塩山(こしおやま・642㍍)は京都市西京区にあり、西山連山に位置する山である。この山にはカタクリの花の自生地があり、見ごろを迎えている。散策仲間とカタクリの花を見に登った。参加者は9名(男性6名、女性3名)。午前9時40分、洛西境谷センターを出発。洛西ニュータウンの市街地を抜けると大原野の田園風景が広がり、小塩山頂上付近にアンテナが10本ほど並んで立っているのが見える。頂上までの車道があり以前は一般車両も通行可能だったが、現在は一般車両の通行は禁止になっている。そのアンテナ周辺の谷側斜面にカタクリの群生地がある。頂上には淳和天皇陵があり、参道を登るコースが一番近いがシニアの山歩きでもあり京都市街の眺望が良いので車道をのんびり登ることにした。10時丁度、勝持寺(花の寺)手前に車道の登り口から登り始める。車道を登ると頂上まで6㎞の表示がある。西宮から来たという中年のグループが追い越し、近道の山道を登って行った。残り3㎞辺りまで登ると、昨夜は雨が降り朝から霧が掛かっていたが、空が晴れて洛西ニュータウン真下に見える。京都市街の向こうに東山が連なり、比叡山の眺望が素晴らしい。新緑の中にピンクの山ツツジが綺麗に咲いていた。頂上付近の車道からカタクリの群生地の山道に入り、やっと炭の谷のカタクリ群生地に着く。既に12時を過ぎている。斜面を下るとカタクリの花が一面に咲いていた。炭の谷の群生地から少し行くと、NTT西日本のアンテナの下に「Nの谷」のカタクリ群生地がある。カタクリ・ギフチョウを守る会「西山自然ネットワーク」の監視員の方がいて、防獣ネットの協力金500円の募金をしていた。カタクリの群生地に入る。カタクリの花は早春に可憐な花を付けますが、西日本では小塩山以外には殆ど見られないという。カタクリの傍にギフチョウが黒と黄色の羽根を広げて落ち葉にうずくまっていた。日差しが弱く気温が低いので日向ぼっこをしているようだ。12時30分、パラボラアンテナ下の広場で弁当を広げて昼食をする。カタクリとギフチョウの写真が撮れなくて残念だ。淳和天皇陵の北側斜面に「御陵の谷」のカタクリの群生地がある。この群生地は陽当たりが良く一面にカタクリの花が咲いており感動した。カタクリの花の写真は花の下から撮るのが良いのだが、通路から群生地に入れないのでアップの写真が綺麗に撮るのが難しい。小塩山カタクリの花の鑑賞登山は4年ぶりです。御陵の谷のカタクリは以前はこんなに咲いていなかった。カタクリを守る会のボランティアの皆さんに感謝です。13時過ぎ、淳和天皇陵を参拝して参道の山道を落ち葉を踏みながら下山する。木漏れ日と緑風が心地よい。滑って転ばないように気を付け乍ら下山する。やがて竹林が広がり、手入れした竹林畑の農家の人が朝堀筍の仕分け作業をしていた。参道から左に曲がると石庭で知られる正法寺がある。15時過ぎ下山。門前の庭園に紅と真っ白な八重桜が綺麗に咲いていた。小塩山登山は久しぶりの山歩きで厳しかったがカタクリの花を存分鑑賞出来て良かった。

4964

2018412_4967

4968_2

4993

4971

4987

4989
4977

4980

4999

|

« 丹波・愛宕神社~七谷川花見散策 | Main

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/66607258

Listed below are links to weblogs that reference 小塩山・カタクリの花:

« 丹波・愛宕神社~七谷川花見散策 | Main