« 淀水路の河津桜 | Main | 丹波・愛宕神社~七谷川花見散策 »

琵琶湖・浜大津港~石山散策

2018年(平成30年)3月26日(月)晴れ 12.8℃ 54%

 3月26日は「比良八講荒れじまい」と言われ、比良山地から琵琶湖に吹き荒れる。今年は吹き荒れることも無く、この日を過ぎるといよいよ花の季節到来です。今年は寒暖の差が激しかったが、お彼岸を過ぎると一気に春めて桜の開花が始まった。今日は絶好の花見散策日和です。散策仲間と「琵琶湖・浜大津港~石山~瀬田の唐橋」の散策に出かけた。
 9時30分、JR桂川駅に集合。参加者は26名(男性12名、女性14名)です。
約20分でJR大津駅で下車、駅前通りから湖岸通りを経て浜大津港に向かう。湖岸通りは現役のころ通勤で車で通勤していた頃が懐かしい。浜大津港に着くと岸壁に遊覧船が停泊していた。比叡山や比良山系は春霞でぼやけている。若い頃、遊覧船「はり丸」に乗り琵琶湖遊覧船で比良山系を眺めながら内湖を遊覧した記憶が蘇る。大津湖岸なぎさ公園をのんびり散策するのは初めてです。「春の海ひねもすのたりのたりかな」は与謝蕪村が天橋立海の海を詠んだ俳句ですが、今日の琵琶湖の湖(うみ)はのどかで天橋立の海に似ているのかなとふと思った。やがて半円形の高層のビルが見て来る。大津プリンスホテルです。前庭の桜の紅の蕾が膨らんで今週中に見ごろになるだろう。若い頃、甥や姪の結婚式に来たことや、最上階の展望レストランで食事をした思い出がある。由美浜から膳所公園に向かう。近江大橋が見えて来る。近江大橋は瀬田事業所勤務の際、京都洛西から通勤でよく利用した。開通当時、通行料金は150円でしたが、2013年12月から無料になっている。12時過ぎ、膳所城公園に着く。桜(ソメイヨシノ)がちらほら咲いていた。ここで昼食を摂る。琵琶湖の浜風が心地よい。近江大橋を眺めながら食べるおにぎりは最高に美味しい。膳所城公園の桜(ソメイヨシノ)の咲き始めは勢いがあって綺麗だ。八重桜や紅枝垂れも良いが、何と言っても桜はソメイヨシノが一番華やかです。膳所城と言えば、徳川家康の命により京都の東の守りを固める目的で築かれた城で、日本三大湖城(大津城、坂本城、瀬田城)の一つに数えられている。
膳所公園から青嵐の道を歩くと紅色の河津桜が青空に映えて綺麗に咲いていた。やがて松林になり、近江八景の一つ「粟津の青嵐」の石碑がある。かって東海道の膳所辺りに美しい松並木があった。風の強い日には松の枝葉が嵐のようにざわめいたことから晴嵐の名がある。平成に入り湖岸に整備されたなぎさ公園「膳所・ 晴嵐の道」には、粟津の晴嵐を再現しようと、松の木が植えられている。琵琶湖の対岸が狭まくなり、瀬田川に架かるJR線や瀬田川大橋が並んでいる。京阪石山とJR石山駅が近い。此処から1.5㎞行くと瀬田の唐橋がある。午後2時過ぎ、此処で解散し、希望者のみ18名が瀬田の唐橋に向かう。瀬田の唐橋は、からし色に塗り替えられていた。瀬田の唐橋を渡り橋の袂で休憩、約30分で引き返し、JR石山駅に着く。今日は一日なぎさの湖岸をゆったりと散策し爽快な気分で帰途についた。

4871

4879

4887

4881

4885

4890

4888

4886

4903

4895

4892

4891

4908


|

« 淀水路の河津桜 | Main | 丹波・愛宕神社~七谷川花見散策 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/66544860

Listed below are links to weblogs that reference 琵琶湖・浜大津港~石山散策:

« 淀水路の河津桜 | Main | 丹波・愛宕神社~七谷川花見散策 »