« 節分前日のウォーキング | Main | 淀水路の河津桜 »

青谷梅林・梅ほころぶ

2018年(平成30年)2月26日(月)晴れ 8.2℃ 青谷梅林・梅ほころぶ

 早春の梅の香りを求めて、京都府城陽市の青谷梅林へ花見ウォーキングに出かけた。今年は例年より開花が遅いが、急に春めいて日だまりでは、ここ数日の陽気で紅梅や白梅がほころび始めた。午前9時JR桂川に集合、京都駅で乗換え10時過ぎ、JR山城青谷駅に着く。此処からウォーキングで青谷梅林に向かう。参加者は26名(男性12名、女性14名)。青谷の集落を通り1.5 ㎞ほど坂道を登ると竹林が沿いに梅林が広がっている。堂山の青谷梅林では25日から梅まつりが始まり、会場の売店では梅干しやうどん等の販売で賑わっていた。今日は春の日差しが暖かく絶好の花見日和だが、青谷梅林ではやっと蕾が膨らみ、白梅や紅梅がちらほら咲き始めた。4年前の3月10日に青谷梅林へ花見に来たことがある。その時は梅が満開で見ごろだったが、寒の戻りで雪がチラつく寒い日だった。売店でうどんを買って食べ、とても美味しかったことを思い出す。午前11時30分、梅まつり会場のベンチを囲んで昼食を取る。梅の花見の見ごろは未だ少し早かったが、早春の日差しを浴びて心地よい。おにぎりを食べコーヒーを飲みデジカメで梅の写真を撮りながらのんびり休憩する。
1時間ほど休憩し集合写真を撮る。梅の花は蕾でしたが、14名の女性の参加で「14輪のキレイな花が咲いていた」と誰かが言っていた。梅の花の匂い嗅ぎ梅まつり会場を後にする。堂山の丘陵を下ると「城州白」の梅林があり、青谷地区の街並みが見える展望台がある。
苔生した老木の梅林で白梅がちらほら咲いていた。大粒の果肉で知られている。梅まつりは3月18日までなので3月中旬まで見ごろが続きそうです。それにしても今日の青谷梅林の散策は絶好のハイキング日和に恵まれ、梅の香を堪能し早春の一日を楽しめて良かった。

4791

4787

4788

4795

4802

4804

4808

4809

4799

4812


|

« 節分前日のウォーキング | Main | 淀水路の河津桜 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/66441313

Listed below are links to weblogs that reference 青谷梅林・梅ほころぶ:

« 節分前日のウォーキング | Main | 淀水路の河津桜 »