« 上賀茂神社~下鴨神社散策 | Main | 青谷梅林・梅ほころぶ »

節分前日のウォーキング

2018年(平成30年)2月2日(金)晴れ 5.3℃ 節分前日のウォーキング

 節分前日、吉田神社から吉田山に登り、真如堂、金戒光明寺を経て聖護院、熊野神社まで、節分前日の雰囲気を求めてウォーキングに出かけた。参加者は24名(男性10名、女性14名)。午前9時、京都駅集合。駅前から市バス(206系)に乗り百万遍で下車。田中神社参拝後、京大総合博物館見学(観覧料一般400円、70歳以上無料)する。11時20分過ぎ、京大学食、ルナにて昼食を取る。12時10分過ぎ、京大時計台前の東山一条通は節分の露店が並び賑わっている。今日は節分前日だが、明日の節分祭は大勢の参拝客で賑わうだろう。吉田神社の石段を登り境内を一巡して吉田山に登る。「紅もゆる丘の花」の歌碑の前で休憩。少し登ると展望所があり、五山の送り火で有名な大文字が間近に見える。吉田山から東側に下ると宗忠神社がある。節分祭の看板があるが参拝客は少ない。坂をくだると真如堂の三重の塔が見える。真如堂の山門を潜り金堂前に着くと、節分祭の赤鬼が待っていた。節分前日なのか参拝客はまばらだ。金堂前にテントが張られ薬湯の接待があった。休憩後、真如堂を出て金戒光明寺の境内に入りと墓地がある。幕末の会津藩主、松平容保は京都守護職を任じられ、家臣千名が金戒光明寺に駐屯した。新選組を支配下に置き治安に当たらせたが、会津藩の犠牲は大きく戦死した家臣の墓が多く並んでいる。
 金戒光明寺の御影堂前からなだらかな石段を下り、黒塗りの豪華な山門をくぐる。金戒光明寺は浄土宗の大本山、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結んだのが浄土宗最初の寺院のはじまりで「くろたにさん」と呼ばれている。
「くろたにさん」の三門前の通りを西に向かうと、聖護院八つ橋本店と西尾の八つ橋本店が道路を挟んで向かい合っている。どちらも「八つ橋」の元祖だという。西尾八つ橋本店横で餅つきをしており、お餅振る舞っていたのでぜんざいを頂いた。お土産に西尾の八つ橋を買った。聖護院門跡から東大道路通りに出る。本日コース最後の熊野神社に入りお茶と餅の接待を受ける。厳しい寒さながら時折日が差す散策日和に恵まれ,神社仏閣等8カ所も散策出来て良かった。

4750

4754

4757

4759

4760

4764

4766

4770

4771

4775

4781

4782


|

« 上賀茂神社~下鴨神社散策 | Main | 青谷梅林・梅ほころぶ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/66358303

Listed below are links to weblogs that reference 節分前日のウォーキング:

« 上賀茂神社~下鴨神社散策 | Main | 青谷梅林・梅ほころぶ »