« 古知谷・阿弥陀寺紅葉狩り | Main | ギター・アンサンブルY.K. ライブコンサート »

 秋の宇治散策

2017年(平成29年)11月22日(水) くもり 8.1℃ 58% 秋の宇治散策

 秋が深まり紅葉の名所が見ごろで賑わっている。先日、散策の仲間と錦秋の宇治川周辺を散策した。午前9時、京阪祇園四条駅に集合。参加者は14名(男性8名、女性6名)。
くもり空の下、10時前、京阪宇治駅から宇治橋の袂から天ヶ瀬ダムに向かって宇治川沿いに歩き始める。宇治川沿いのカエデは鮮やかな紅葉に染まり心を癒してくれる。宇治上神社(世界遺産)に参拝する。宇治上神社は現存する最古の神社建築である。本殿前で集合写真を撮る。本殿の裏から仏徳山に登る。展望台から宇治平等院周辺の眺めが素晴らしい。展望台に山雀(やまがら)に餌付けをしている男性がいた。餌(ひまわりの種)を掌にのせていると、森の中から山雀が飛んできて餌を採って食べていた。山雀は雀に似た鳥で、背中が青、腹面が赤褐色、頭と喉が黒でカワセミの様な綺麗な山鳥で初めて見た。人懐っこい餌付けされた山雀は人間を怖がらないらしい。男性に誘われてA.Fさんらが同じように餌を掌にのせ山雀と戯れる。展望台から綺麗に整備された森を抜け興聖寺の参道を下る。興聖寺は曹洞宗の名刹。琴坂のイロハモミジが真赤に染まり見ごろを迎えていた。宇治川上流に向かい天ヶ瀬吊り橋を渡る。ちょうど12時、此処で昼食を取る事に。午後からの天気が心配されたが時々薄日が差す散策日和になった。Y.Iさんが「私が参加すると必ず晴れる」と言って皆を和ませる。天ヶ瀬吊り橋の袂で宇治川の流れと山の紅葉を眺めて昼食を楽しんだ後、上流の天ヶ瀬ダムに向かって歩く。天ヶ瀬ダムは先日の雨で増水したらしくダムの放水口から水飛沫をあげて放水していた。橋を渡り宇治川右岸を1.5㎞くだると天ヶ瀬吊り橋に戻る。再び吊り橋を渡り宇治川左岸に出て1.4㎞下り、もみじ谷の寺川渓谷を登ると、中腹に白山神社があり由緒ある九重の石塔が立っていた。山の中腹の民家を通り、東海自然歩道を延々と下り宇治川右岸にもどる。ここからまた宇治川左岸を平等院に向かって歩く。観光センタがありお茶のサービスをしていたので抹茶を飲んで休憩する。塔の島から平等院に近づくと大勢の観光客で賑わっている。平等院は世界遺産、門前の紅葉が真赤に染まり見ごろだが、特に外国人の観光客の多いのにおどろく。門前通りで抹茶団子をおみやげに買う。宇治橋を渡り、14時半過ぎ、京阪宇治駅のスタート地点もどる。秋の宇治散策は一周約14㎞、4時間30分の散策だった。それにしても平等院周辺は名所が多い。晩秋の宇治川周辺の紅葉ウォーキングが堪能出来て良かった。心地よい疲れを感じ京阪電車に乗り帰途についた。

4602

4595

4627

4618

4621

F_4625

4617

4639

4655

4638

Img_4671_2

4667_2

4675_2

|

« 古知谷・阿弥陀寺紅葉狩り | Main | ギター・アンサンブルY.K. ライブコンサート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/66094293

Listed below are links to weblogs that reference  秋の宇治散策:

« 古知谷・阿弥陀寺紅葉狩り | Main | ギター・アンサンブルY.K. ライブコンサート »