« 「洛西散策の森」を歩く | Main

星のブランコ散策

2017年(平成29年)7月10日(月)くもり 28.9℃ 65% 

 梅雨空の薄曇りの下、散策同好会は大阪府交野市の私市(きさいち)の星田遊園地へ「星のブランコ」のウォーキングに出かけた。参加者は17名(男性11名、女性6名)。午前9時44分、京阪祇園四条駅を出発、枚方市駅で交野線に乗り替え、約50分で私市駅に到着。今日の道案内担当はKさんご夫婦。私市駅前から出発の際、黒人女性が一緒に連れて行って欲しいと声を掛けらる。英語が堪能な世話人の福岡さんが女性に片言の英語で訊くと、アメリカ人の大学生で一人旅をしているという。名前はシアトル在住のジャニーさん。175cm位ありそうな背の高い女性で、鼻や唇にピアスをして背中や足の甲に刺青をしている。ちょっと怖わそうな感じだが、個性的で人懐っこい二十歳前後の女性でよく見ると美人だ。それにしても若い女性の一人旅とは凄い。怖くないのだろうかと思う。やがて交野市街を離れ川沿いの遊歩道を歩く。散策路は昨夜の雨で濡れて蒸し暑かったが、空が明るくなり散策日和になる。私が参加すると必ず晴れる「晴れ男」のお陰とT.Iさんが皆を和ませる。1時間程歩くと上り坂になり「ピトンの小屋」で休憩する。クライミングウォールが設置されており、命綱を付けてクライミングを楽しんでいる人が数名いた。休憩後少し登ると「星のブランコ」が見え、吊り橋のたもとに着く。此処で集合写真を撮る。長さ280㍍の吊り橋で高さは下の遊歩道から50㍍あるとのこと。吊り橋からは星田園地の森が眼下に望め、中央部まで来ると少し揺れるが怖さは感じない。素晴らしい絶景だ。12時30分過ぎ、吊り橋のゲートを出てしばらく下ると「やまびこ広場」の休憩所があり東屋のテーブルを囲んで昼食を取った。ゆっくり休憩した後、展望台に上り「星のブランコ」の北部に広がる交野市街の向こうに天王山や男山の絶景を楽しんだ。展望台にボランティアガイドの方がおられ、この吊り橋は20年前に架けられた吊り橋で、常緑樹の森が落葉する寸前の11月末の紅葉が絶景で最高と話していた。タイミングよく「星のブランコ」の架設等の話が聞けて良かった。展望台を下りて帰路は元来た道を引き返す。森の中の散策路を下る。鶯など小鳥の鳴き声が聴こえて心を和ませてくれる。川沿いの散策路を歩くとそよ風が心地よい。やがて交野市街に戻ると信号標識に気温が31℃を示す真夏日になっていた。たっぷり汗をかき、熱中症に成らないように水分補給し気分がよい。14時30分、私市駅に戻る。ジャニーさんはこれから神戸市に行くと言う。今日は我々の散策グループにアメリカ人学生が飛び入り参加し、一緒に仲良く歩くというハプニングがあったが、楽しいウォーキングが出来て良かった。日本人の親切な優しい心をアメリカ人のジャニーさんは如何感じただろうか。そんな事を思い、私市駅から京阪電車に乗り枚方市駅から特急電車に乗り替え爽快な気分で帰途についた。

4066

_4072

4073

4074

4084

4082

4091

4086

4089


|

« 「洛西散策の森」を歩く | Main

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/65525594

Listed below are links to weblogs that reference 星のブランコ散策:

« 「洛西散策の森」を歩く | Main