« 節分祭・吉田神社~熊野神社参拝 | Main | 福知山線廃線跡を歩く  »

琵琶湖疎水を流れに沿い散策 

 2017年3月16日(木)くもり/晴れ 8.6℃

 早春の頃、洛西散策同好会は京都山科区を流れる琵琶湖疎水から毘沙門堂を経て蹴上インクラインまでの散策に出かけた。参加者は19名(男性8名、女性11名)。午前8時30分、JR桂川駅に集合。JR京都駅で乗り換えJR山科駅下車。9時過ぎ、JR山科駅を出発、瑞光院(忠臣蔵ゆかりの寺院、赤穂義士の遺髪が埋葬されている)を経て毘沙門堂に向かって歩く。長い石段を登ると鮮やかな朱色の毘沙門堂があり、満開の紅梅が本堂の朱色と相まって綺麗だった。毘沙門堂から琵琶湖第一疎水縁に出て西に歩く。すり鉢状の疎水は水が止められ流れが少なく桜並木の蕾も固く殺風景だ。桜の見ごろの観光シーズンまでに琵琶湖疎水を掃除するそうだ。洛東高校の校門前に大勢の受験生の男女がいた。京都府立高校の合格発表を待っているという。疎水べり桜が満開の頃、新入学生で賑わうだろう。余談だが、私が元勤めていた会社の同僚は洛東高校の卒業生だった。やがてこんもりと茂る天智天皇陵が見えて来た。天智天皇山科陵で京都最古の御陵だそうだ。
琵琶湖疎水から離れて三条通の「陵」(みささぎ)に出る。地名の「陵」はこの御陵に由来している。三条通りに道端に日時計のモニュメントがあった。天智天皇が日本で最初に時計を作ったという。交通量が激しい三条通の下に地下鉄が走っている。地下鉄「みささぎ駅」の入り口を見て三条通の左側の旧東海道に入る。旧東海道の道はやがて三条通(国道)に合流するが、国道の両側には多くの車石・車道 遺跡が点在している。150年前の民家の玄関に轍石の石碑が立っていた。九条山から蹴上インクラインの公園に到着。12時30分を過ぎていた。蹴上公園の田邊朔郎博士銅像前の石のベンチでそれぞれ弁当を広げ昼食を取った。今回の散策は平坦な(12㎞)コースで時おり春の日差しを感じながら散策できて良かった。

3549

3556

3560

3558

3563_2

565_2

3569

3570

3582

579

3578

Photo

3588

|

« 節分祭・吉田神社~熊野神社参拝 | Main | 福知山線廃線跡を歩く  »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73382/65027610

Listed below are links to weblogs that reference 琵琶湖疎水を流れに沿い散策 :

« 節分祭・吉田神社~熊野神社参拝 | Main | 福知山線廃線跡を歩く  »