« 天皇陵めぐり | Main | 東山高台寺の紅葉 »

古知谷・阿弥陀寺のクリンソウ

2014年5月29日(木)晴れ 21.8℃ 47% 古知谷・阿弥陀寺のクリンソウ

 大原の里からさらに北に2kmほど行った古知谷山中にある阿弥陀寺は紅葉の名所で知られている。先日、阿弥陀寺の庭にクリンソウの花がテレビ中継放映されるのを見た。昨年は愛宕山のクリンソウを見に登ったが、今年は未だ九輪草を見ていないので、急きょ阿弥陀寺のクリンソウの花を見に行こうと思い立ち写真を撮りに出かけた。洛西ニュータウンから9号線を経て西京極から京都市街を斜めに北上し、市原の里→江文峠を越えて大原の里に入る。古知谷阿弥陀寺までおよそ1時間である。9時過ぎ、阿弥陀寺の駐車場に着、中国風の白漆喰の山門をくぐり抜けるとカメラを持った参拝客がいて一緒に参道を登って行った。拝観料300円を支払い阿弥陀寺の縁側から眺めると、小さな前栽に九輪草の花が群生して咲いていた。紅紫色の中に白と黄色のクリンソウの花が混じって咲いておりコントラストが綺麗でした。20年ほど前から庭に九輪草が植えられクリンソウの花が増えたようです。
阿弥陀寺の紅葉は隠れた紅葉の名所だが、新緑の青もみじも清々しくて素晴らしい。初夏の古知谷阿弥陀寺散策はクリンソウと青もみじも良いかもしれない。古知谷楓は樹齢800年で、京都市指定天然記念物に指定されている。
 阿弥陀寺は1609年に木食上人弾誓[もくじきしょうにんだんせい]が、如法念仏の道場として開いた寺だ。参道の坂を登り切った所に本堂が佇み、その背後に弾誓上人が即身成仏したミイラ仏を収めた開山窟がある。上人は1613年(慶長18)に生きながら石棺に入ったと伝えられ、今も端座合掌の姿勢のまま安置されているという。


44


Img_1519


25


27


37


4


36


29


1koti_35_2


|

« 天皇陵めぐり | Main | 東山高台寺の紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

素晴らしいスーパーコピーサイト

毎度お世話になります
ルイビトンのバック無事到着致しました、
とっても綺麗な色でこれからの春に向けてぴったりです、ありがとうございました
よろしくお願い致しますm(_ _)m
ブランド スーパーコピー ヴィトン hp https://www.ginza24.com/product/detail/8793.htm

Posted by: ブランド スーパーコピー ヴィトン hp | November 01, 2021 10:21 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 古知谷・阿弥陀寺のクリンソウ:

« 天皇陵めぐり | Main | 東山高台寺の紅葉 »