« March 2014 | Main | May 2014 »

カタクリの花とギフチョウ

 2014年4月17日(木)晴れ 17℃ 小塩山、カタクリとギフチョウ

  京都の桜の名所も桜の見ごろを過ぎると新緑の季節を迎える。満開の桜の花見が終わるころから西山の小塩山(642m)のカタクリの花が咲き始める。今日は快晴で絶好の登山日和です。山歩き仲間(12人)と西山の小塩山へ カタクリの花の鑑賞登山に出掛けた。前9時、洛西センター集合。京都縦貫道の大原野インター脇の陸橋を渡り、登山口から大暑山に向け尾根伝いに小塩山に登る。11時10分、大暑山三角点に着き集合写真を撮って休憩した。大暑山を下り小塩山林道を登ると右側の斜面にネットで保護されカタクリの花が咲いていた。12時30分、小塩山頂上付近のNTTの鉄塔下に着くと、西山自然保護監視員の方がいて多くの登山者がカタクリの花を眺めて写真を撮っていた。大暑山から尾根伝いの長いコースなので3時間半も掛かっている。ネットで保護地域のNの谷でカタクリの写真を撮り小塩山頂上付近の広場でおにぎり弁当を食べた。午後1時半、カタクリの群生地を左に見ながら下山途中、道端にギフチョウが止まっているのを見つけた。そっと近づいてギフチョウを写真に収めた。ギフチョウはカタクリの花を訪れるそうですがめったにカタクリの花とギフチョウの写真が撮れない。下山の山道は林道を延々と歩き、午後3時過ぎ大原野神社に着いた。天気に恵まれカタクリとギフチョウが見られ得した気分で帰途についた。

      カタクリの 花観に登る小塩山 ギフチョウに出会い 心ときめく 

43


_1444


_1471


_1474

Img_14761


Img_14752


_1465


_1479


_1468

| | Comments (0) | TrackBack (0)

哲学の道花見散策

2014年4月7日(月)晴れ 8.4℃ 52% 哲学の道花見散策

 京都の桜の名所は何処も見ごろのピークを迎えています。散策同好会の仲間と賀茂川沿いに疎水べりを「哲学の道」方面へ花見に出かけました。4月になり急に暖かくなり一気に満開になったのは良かったのですが,今朝の気温が8.4℃と冷え込み寒の戻りです。9時30分地下鉄北大路駅に集合,今日の参加者は11名です。花冷えする天気でしたが絶好の花見日和でした。
9時40分出発、鴨川から疎水べりを北東に歩き,松ヶ崎浄水場→高野川→叡山電鉄から南下→今出川白川→哲学の道を経て12時30分南禅寺に付きました。銀閣寺門前の哲学の道辺りから急に花見の観光客で賑わっていました。満開の桜が桜吹雪になって疎水に流れ花筏になって風情がありました。南禅寺山門前で集合写真を撮りました。それからインクラインを登った所の公園で昼食の弁当を食べました。満開の桜も綺麗でしたが腹ペコだったのでおにぎり弁当が最高に美味しかったです。約12㎞花見散策ウォーキングでしたが心地良い疲れを感じながら帰途に就きました。


1418


_1423


_1426

      疎水べり 哲学の道は 桜見ごろ 行き交う人は みな美しき

_1428


_1430


_1432


_1441


_1442


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »