« June 2008 | Main | November 2008 »

晩秋の桂坂野鳥遊園

2008年10月29日(水)くもり15℃ 桂坂野鳥遊園

10月も下旬になり、朝晩ぐっと冷え込んできました。昨日から朝に気温が15℃に冷え込み晩秋の紅葉の季節到来です。今年の秋は台風の上陸が一つもなく温かい秋が続きましたが、急に朝晩冷え込んできたので今年の紅葉は早くなりそうですね。

1_6

先日、デジカメをキャノンのパワーショットに買い替えたのですが、マクロ撮影の操作が分からずマニアルを読みながら勉強しています。午後から桂坂の野鳥公園へ行きました。 「静かさや 野鳥遊園 池の秋」

2_3

野鳥遊園のカエデはまだ青葉で紅葉は11月中旬になりそうですね。池に鴨の群れが泳いでいましたが動きが早いので上手く撮れません。野鳥遊園の散策路に赤い実がたわわに付いた南天の実が生っていたのでクローズアップで撮影しました。接写の写真が撮りたいですが、今、この野鳥園は花が咲いてないのが物足りないです。
「南天の 紅い実がたわわ 野鳥園」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丹波・亀岡 夢コスモス園

2008年10月27日(月)晴れ17℃ 丹波・亀岡「夢コスモス園」
先週22日(水)以来ぐずついた天気が続いていましたが、今日は6日ぶりの秋晴れです。早速、デジカメを持って亀岡の「夢コスモス園」へ出かけました。京都沓掛インターから京都縦貫自動車の亀岡インターをおりて372号線を湯の花温泉方向に走ると、亀岡運動公園がありその東側に広大なコスモス園が見えます。

1

2

3

10時過ぎに着き、亀岡運動公園横の駐車場に車を置き500円の入園券を買って入園すると、家族連れや幼稚園児など大勢の入園者で賑わっていました。園内のコスモスは品種ごとに植えられてとており、展望台からの眺めは素晴らしいです。コンテストの「創作かかし」が飾ってありユーモラスな表情がコスモス園に溶け込んで綺麗でした。何といっても秋晴れのコスモス園は良く似合いますね。

13

5

16

期間:11月3日(祝)まで 開園時間:AM9:00~PM4:00(期間中無休)
入園料:中学生以上500円 小学生300円(小学生以下無料)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多紀アルプス登山

2008年10月15日(水)晴れ19℃ 小金ガ岳で「地獄の仏」

昨夜の雨も今朝はすっかり晴れて絶好の行楽日和ですね。今日は朝からマイカー登山に出かけました。今回は篠山盆地の北側にある多紀アルプスの「小金ガ岳」です。

2_15

7_5

園部から372号線を経て篠山の「デカンショ街道」を通って約1時間半、登山口の火打ち岩に着き11時前から登り始めました。岩稜の続く道は修験者の道場として知られています。「小金ガ岳」は登山者の人気の山ですが、「蟻の戸渡り」と言われる岩場に鎖の付いた登り降りがあるので雨の日は要注意です。
「多紀アルプス 小金ガ岳の 尾根伝い」

3_5

1_11

「小金ケ岳」の山頂から下山の途中、豊中から単独で来たという60代の男性に会いました。健康のためにマイカー登山で北摂の山をあちこち歩いていると話していました。
実は峠の「大師ノたわ」の駐車場から登るつもりでしたが、麓の「小金ガ岳」の登山口の近くで道路工事があり、峠の駐車場まで行けないと勘違いして火打岩の登山口から登ったのです。谷川の沢伝いに急な山道を約1時間かけて登ると、頂上までの50mほど直下の岩棚からの眺めは絶景でした。岩稜を這うようにして鎖を握りながら頂上に登りました。「小金ガ岳」の山頂は意外と広く360度のパロラマです。
下山は今登った道は怖くて戻りたくありません。岩場で足を滑らせて怪我を負ったらもうお終いです。単独登山は自己責任とはいえ他人に迷惑は掛けられません。峠の「大師ノたわ」まで尾根伝いに歩き下山しようと思いました。そこで豊中の登山者と出会ったのです。火打岩の登山口に車が置いてあると話したら、帰り道ですから乗せてあげると言いました。その一言を聞いて涙が出るほど嬉しかったです。「地獄の仏」とはこのことです。峠から車道を1時以上掛けて火打岩の登山口まで歩くつもりだったのです。車が置いてある登山口の駐車場で何かお礼をというと「いいですよ、困った時はお互い様です」と言って笑顔で応えました。Sさん有難うございました。またいつか北摂の山で会いましょう。お元気で…。「コスモスの 里の向こうは 多紀アルプス」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | November 2008 »